野球のポジションについて掲載 カテゴリメニュー

野球のポジション

野球のポジション「TOPページ」へ   

野球のポジションについて掲載しています。

野球のポジションについて

  

野球には9つのポジションがあり、守備位置は数字で示されることもあります。  

1:投手、2:捕手、3:一塁手、4:二塁手、5:三塁手、
6:遊撃手、7:左翼手、8:中堅手、9:右翼手

このことから、「6―4―3のダブルプレー」という場合は、「ゴロをさばいた遊撃手(6)からセカンドベースの二塁手(4)へ送球し、一塁走者をアウト。そしてニ塁手から一塁手(3)へと送球し、打者走者をアウト」という一連のプレイを意味しています。

また、各守備位置は試合の状況により変化することがあり、投手と捕手以外は目安である。投球前は、投手と捕手の守備位置は決められているが、それ以外の野手はフェアゾーン内であれば、打者の邪魔をしない限りどこにいても良い。また打者がボールを打った後は、投手と捕手も含め全ての野手が、フェアゾーン・ファウルゾーンを問わず自由に移動することができる。

Wikipediaより出典 - Article - History - License: GFDL

   



野球ポジションのトップページへ

トップページ

>野球ポジション メニュー<

投手(ピッチャー) 捕手(キャッチャー) 一塁手(ファースト) 二塁手(セカンド) 三塁手(サード) 遊撃手(ショート) 左翼手(レフト) 中堅手(センター) 右翼手(ライト) 指名打者(DH) リンクについて このサイトについて

スポンサード リンク

     

野球ポジションのサブカテゴリ

その他

野球のポジション